シャンプー 対戦攻略

Pocket

シャンプー

空中で軌道変化が可能な2段ジャンプを軸に、相手を翻弄させて立ち回っていこう。リーチと発生に優れた技を豊富に持ち、地上戦も強力。歩き速度の速さを活かした打撃と投げの択も強い

コマンド(小技)

間合い・状況 押すボタン
技名
DM ダメージ数値 F フレーム総消費(発生/持続/硬直)
近距離立ち 小攻撃 大攻撃
ひざ蹴り ボンボリパンチ
DM 8 F 6/8/9 DM 13 F 11/18/30
遠距離立ち 小攻撃 大攻撃
上段蹴り ボンボリストレート
DM 8 F 6/9/10 DM 13 F 8/17/25
しゃがみ 小攻撃 大攻撃
しゃがみ小蹴り 大足払い
DM 8 F 3/6/8 DM 13 F 9/19/30
垂直ジャンプ 小攻撃 大攻撃
小飛び蹴り 大飛び蹴り
DM 8 F 7/∞ DM 13×2 F 9/16
斜めジャンプ 小攻撃 大攻撃
飛び蹴り 飛びボンボリ
DM 8 F 7/∞ DM 13 F 9/16

コマンド(中技)

斜めジャンプ中2+大
かかと落とし
DM 13 F 7/∞ DM F
備考

投げ

(右向き時)6+小or大 (右向き時)4+小or大
順方向への投げ 逆方向への投げ
DM 20 F (小)2/44
(大)2/60
DM 26 F (小)2/44
(大)2/60
備考

必殺技

小+大同時押し
龍牙烈昇脚
DM 22 F 3/26/61
備考
大(溜めて離す時6or4
猛撃突進破
DM(小) 15 F 15/34/50
DM(中) 20 F 15/34/50
DM(大) 25 F 15/34/50
備考 ※溜め78フレームで小攻撃/溜め176フレームで中攻撃/溜め300フレームで大攻撃

小技・中技について

全体的に出が速くリーチも長い技が揃っている。遠距離、中距離では遠大が優秀。遠距離攻撃としては異様の3フレ発生。足払い系にだけ注意して放っていきたい。下大は姿勢が低くなるので、相手の攻撃を潜りながら当てることができる。垂直ジャンプ小は、見た目以上に攻撃判定が大きいので、空対空・空対地で頼りにしていい。近距離では発生の速い下小や、遠小や近小をばら撒いて立ち回っていきたい。小技を当てた後は、遠大などの絶好の間合いになる。小技後の、遠大を意識させれば歩き投げ、歩き下小などの攻めがが狙いやすくなる。なお、近大は遠大より発生が遅いので注意。密着状態で垂直ジャンプ大を放てば、2段ヒットさせることができる。着地寸前にヒットするので、フレーム不利が殆どないのが利点。垂直ジャンプ小は、リーチが長く空対空に頼れる。ジャンプ小とジャンプ大の発生差は2フレームしかないので、ジャンプ攻撃は大で問題ない。判定持続が必要な時のみ小を使っていく。ただ、めくり狙いの場合は判定位置が大きく異なるので、小大を使い分けて。かかと落としは、らんま同様に捲りを狙える。

リーチが見た目以上に長い垂直ジャンプ小。バリヤーをはるような使い方で、相手にプレッシャーを与えていきたい。

必殺技

龍牙烈昇脚

発生直後の3フレームは完全無敵だが、攻撃判定とともに無敵が切れるので地上技の差しあいには不向き。上方向へのリーチと、食らい判定が足先に存在しないので対空性能は高い。引き付けるのではなく、早出しで狙っていこう。1ヒットでダウンを奪える。硬直が61フレームと非常に長く、空振り時は反撃必死。なお、密着でガードさせると2回削る。

猛撃突進破

小中大と3パターンの移動距離を持つ突進技。発生フレームと硬直はどれで放っても同じ。ガードさせた後に放つ攻撃の有利フレームを稼ぐため、間合いに応じてめり込まない位置で放っていきたい。比較的攻撃発生時間が長く設定されているので、起き攻め時に重ねる使い方ができる。移動技としても。

コンビネーション

ジャンプ大→下小×∞→遠大→猛撃突進破

ジャンプ大→下小×∞or近大

ジャンプからの全段ガードコンボ。ジャンプ攻撃はかかと落としでも可能。ジャンプ攻撃を着地寸前に当てることができれば、下小は画面端まで永久。下小は、遠小or近小での代用可能だが、間合いが難しいうえに近距離と遠距離がまざると、発生フレームと硬直タイミング違うことで難易度が少し上がる。立ち状態であれば投げも狙えるので、プレイヤーがやりやすい方を。近大は早めに放ってガードコンボ、少し遅めに放てば投げor打撃の2択を迫ることができる。小から大へ繋ぐ時、龍牙烈昇脚が暴発しないよう注意。

ジャンプ大→下小×∞→近大→遠大→大猛撃突進破→下小

遠大までガードコンボ。近大以降は画面端限定。猛撃突進破は小or中であれば確実に反撃はうけないが、大は微妙な間合いで有利フレームが殆どない状況でリスタートする。下小を連打だ!!(位置や相手の当たり判定によっては空振りすることも。)

かかと落とし→下小

かかと落としを表でガードされたが、着地は裏へ捲った場合は、シャンプー着地後に相手の振り返り動作が発生するので、その瞬間がガード不能状態になり下小がヒットする。希にデカキャラ限定で、かかと落としも下小もガード不能となり連続ヒットする事がある。

戦術解析

基本は遠距離大攻撃を中心とした横押しが強いが、ジャンプも組み合わせることで相手の意識を散らすことも。

まず相手を飛び越えて、すぐに後ろへ戻る。捲りを意識させるようなジャンプがいい。ここで裏表打撃との2択。

その後再び裏へ急降下。もちろん角度やジャンプのタイミングによっては裏表の2択を迫れる。空かし投げの選択肢も。

ガード不能付近をちらつかせつつ真上にジャンプし裏表を惑わせる。裏or表の打撃か、裏or表着地からの投げかそれとも正面からの捲りか、ガード不能かとにかく空中戦で翻弄させてやろう。

ゲームスピードやキャラの性能の関係で空かし投げがあまり強くないイメージがある爆烈だが、シャンプーにおいては変則的な2段ジャンプを駆使すれば有効な攻め手の一つとして考える事ができる。 シャンプーの2段ジャンプは、1段目を前方に飛んだ場合は2段目は前方向に鋭く移動する性質を持ち、1段目を後方に飛んだ場合は2段目は後ろ方向に鋭く移動する性質を持つ。また2段ジャンプ時に打撃を放った場合は、1段目の方向に落下するので、上記のジャンプ性質と併せれば鋭い打撃orチェンジアップのようなゆったりとした打撃を使い分けることができる。更にらんま同様に高速2段ジャンプを持っており、シャンプーの特筆すべきはその移動距離。画面端まで一気に飛び込めるジャンプ力のおかげで、どの間合いからでも気軽に攻撃を仕掛けることができるのが強み。

表への攻撃にみえるが、実は捲り攻撃。この後、着地方向も裏表の2択になる。デカキャラには狙ってみても。

キャラクター性能評価

Aランク

遠距離大と猛撃突進破を組み合わせた横軸のごり押しが強い。歩き速度が速いので間合い調節が容易なこともキャラの特性とも噛み合う。投げと打撃の自動2択を狙いやすいのも魅力。また、無的時間が短いものの対空も完備しており攻守のバランスが良い点も評価。複雑なジャンプ軌道を使いこなすことで、強さの幅がより広がるだろう。