早乙女乱馬 対戦攻略

Pocket

早乙女乱馬

地上戦に秀でた技を多く持つのが特徴。主力の猛虎高飛車と飛竜昇天破でプレッシャーを与え、地上戦を制していこう。

コマンド(小技)

間合い・状況 押すボタン
技名
DM ダメージ数値 F フレーム総消費(発生/持続/硬直)
近距離立ち 小攻撃 大攻撃
小パンチ アッパーキック
DM 10 F 6/10/11 DM 15 F 3/14/35
遠距離立ち 小攻撃 大攻撃
小パンチ 大キック
DM 10 F 5/13/16 DM 15 F 13/19/35
しゃがみ 小攻撃 大攻撃
しゃがみ小パンチ 足払いアッパーキック
DM 10 F 5/13/16 DM 15 F 13/19/35
垂直ジャンプ 小攻撃 大攻撃
ジャンプ小キック ジャンプハイキック(※後ろジャンプ含む)
DM 9 F 3/∞ DM 15 F 3/12
斜めジャンプ 小攻撃 大攻撃
ジャンプ小キック ジャンプ大
DM 9 F 3/∞ DM 15 F 3/12

コマンド(中技)

大(溜めて離す時2 斜めジャンプ中2+大
回転キック ふみつけ
DM 16 F 3/16/24/41 DM 15 F 3/∞
備考 ※溜め60フレームで小攻撃/溜め180フレームで大攻撃 ※ダメージ変わらず、移動距離に違い

投げ

(右向き時)6+小or大 (右向き時)4+小or大
順方向への投げ 逆方向への投げ
DM 22 F (小)2/44
(大)2/60
DM 28 F 2/44
(大)2/60
備考

必殺技

小+大同時押し
飛竜昇天破
DM 28 F 15/44/71
備考

小技・中技について

全体的にバランスのとれた通常技が揃う。遠距離、中距離では遠大がリーチがあり頼れる。攻撃判定発生まで時間はかかるものの、牽制技から反撃技、コンビネーションに組み込むなど用途は広い。高飛車や回転キックを匂わせていると、より有効に放つことができる。遠小、下大もリーチは劣るものの、牽制に使っていける。

近距離では近小、近下小で刻みに適している。近大は地対空も兼ねた攻撃にもなるが、遠大に化けた場合有利フレームを稼ぎ辛いので避けた方が無難。

ジャンプ攻撃は、攻撃持続の長いジャンプ小とリーチのあるジャンプ大を使い分けていこう。ジャンプ小ジャンプ大共に1フレ発生なので、出し切りさえすれば相打ちに持っていきやすいのが魅力。垂直ジャンプ大の空対空能力も強い。ふみつけも下方向に判定が伸びているので、着地間際に当ててからのガードコンボやコンビネーションに移行しやすい。打点を高く当てすぎると、着地迄に反撃を受けてしまうので注意。

回転キックは牽制技として重宝。遠大や高飛車を意識させ、それらの間合い外からキックで飛び込むと食らいやすい。コンビネーションの締めにタイミングをずらして狙ってみても。

回転キックは移動中空中判定。八宝菜の飛び道具や足払いを避けることが可能だ。

必殺技

飛竜昇天破

発生1フレで無敵発生。上方向は画面いっぱいまで竜巻が発生する。出し切れば対空で負けることはない。見た目以上に攻撃判定が横に広く、対空以外にも相手の牽制技を狙って当てる使い方も。反面、打撃判定が消えたあとの硬直が非常に長いので、中・近距離での空振りは反撃必至。最低でもガードさせるようにしたい。密着でガードさせれば、2回削れるので反撃は受け辛くなる。

猛虎高飛車

小はリーチが短いものの、硬直が短いのでガードコンボやコンビネーションに使っていける。攻撃判定が小さいので、姿勢の低い技や足払い系には弱い。大はリーチが長く、牽制技の主力として。弾のエフェクトが大きくなった瞬間から判定が発生するので、見た目以上に出が遅く感じられるかも。出し切れば地対空にも使える。小、大ともに無敵時間はまったくないので、密着時の割り込みには使えない。

火中天津甘栗拳

ガードコンボの締めや、ガードボタンからの牽制に重宝。連打受付フレームはただいま調査なう。特定フレームまでに5回入力を認識すれば発動する。このゲームでは、連打キャンセルや空振りキャンセルがないので、小or大攻撃の硬直が終わった際に認識されないと発動しないので注意。

コンビネーション

ジャンプ大→下小→遠大

乱馬の基本コンビネーション。ジャンプ大→下小まではガードコンボ。下小→遠大までは約5フレーム程の隙があるものの、間合いが離れるので小攻撃で反撃を受けづらい。遠大まで放つと仕切りなおしになるので、ジャンプ大や下小から色々揺さぶりをかけていきたい。

ジャンプ大→下小→小高飛車

遠大より発生の速い小高飛車を組み込んだコンビネーション。ジャンプ中に溜めを開始しても間に合うのが大きな利点。下小から大高飛車の場合、硬直も手伝って反撃を受ける可能性があるので注意。

ジャンプ大→下小→大甘栗拳

こちらは全段ガードコンボ。間合いが大きく離れるのが利点。小甘栗だと反撃を受けてしまう。また、下小の終わり際に大甘栗を発動させるようにしないと、昇天破が暴発するので注意。(同時押し入力受付が極端に甘いため)

ジャンプ大→下小→下大→回転キックor大高飛車

遠大から回転キックはディレイをかけて放つと効果的。高飛車は最速で。回転キック後は乱馬側不利。下小から下大へは有利フレームはないので、結構割り込まれやすく、相手側の最速前ジャンプで簡単に反撃を受ける。下大を見せておいて、遠大や大高飛車へのコンビネーションや、反撃を見越して昇天破を狙うなどの布石として出してみては。

遠大→大高飛車

高飛車の判定を生かした、単発遠大からのコンビネーション。突進技の割込みには注意。

戦術解析

下大や遠大、高飛車を軸に地上戦を立ち回るのが基本戦法。高飛車を警戒して間合い外の相手には、最大溜めの回転キックが有効。相手の前進するタイミングを見計らって放つべし。ジャンプ攻撃はジャンプ大で。コンビネーションと投げの2択を狙うのが基本。画面端や捲りを狙えるような間合いならば、ふみつけから投げ合戦をしかけても面白い。対空面は昇天破でOK。突進や牽制技に合せれるようになれば地上戦の幅も広がる。咄嗟に放てるように常に準備しておこう。

基本は高飛車バリアー。相手の踏み込みを咎めつつ相手の動きを制限していこう。

キャラクター性能評価

Bランク

高飛車・昇天破共に強力だが、スピードが緩いため攻めてに欠ける点がある。反面、守りは硬いので腰を据えて戦うことが可能なキャラクターに仕上がっている。