二ノ宮ひな子(アダルト)対戦攻略-超技乱舞篇-


全体的に技の発生が遅い。つり銭返し返しが強力なので、上手く活用していきたい。隙を見て気合溜めを積極的に行なっていこう。
チャイルドモードの方がぶっちゃけ強い。

コマンド

通常技
裏拳 近距離or遠距離で弱P
膝蹴り 近距離で弱K
ハイキック 遠距離で弱K
肘鉄 近距離で強P
膝蹴り 近距離で強K
平手打ち 遠距離で強P
トーキック 遠距離で強K
しゃがみ平手打ち 遠距離or近距離で2+弱Por強P
しゃがみキック 遠距離or近距離で2+弱Kor強K
フライングチョップ J中に弱Por強P
飛び膝蹴り J中に弱K
飛び蹴り J中に強K
投げ技
引き倒し 投げ間合いでor+強P
特殊技
ヒールソバット 弱P+弱K同時押しor強P+強K同時押し
奥義
八宝五円殺 236+弱Por強P
八宝つり銭返し 236+弱Kor強K
アダルト 弱P 弱K 強P 強K
近距離立
遠距離立 × ×
しゃがみ ×
斜めJ × × × ×
垂直J × × × ×
ヒールソバット ×
○キャンセル可能
×キャンセル不可

通常技解析

ジャンプ強K

 ジャンプ強Kが下方向に鋭く見えるがあまり判定は強くない。他の通常技も振りが遅く、使い辛いのが多い。アダルトは大技・奥義中心で戦い、通常技は忘れてもいい。

大技解析

ヒールソバット

上方向に強いので対空に使える。ジャンプの頂点でヒットさせた場合、出始めの2倍のダメージ差に。
 横方向へ移動しながら攻撃を行うが、横から斜め下方向の判定発生が、ソバットの終了間際しか存在しない。一応、地上相手にも使っていけるが無敵対空や脚払いで迎撃される事もある。判定位置が技状況により変化するものの、多段技ではないので地上では使いづらい印象が残る。

奥義・最大奥義

八宝五円殺/八宝五十円殺

 飛び道具。 連続技に組み込めるが発生後はやや硬直があり反撃をうけてしまう。飛び道具としての性能は高いので砲台としての使い方がメインとなるだろう。端から端まで届く飛び道具としては、他の飛び道具に比べ攻撃判定が広い。弱・強の違いは飛び道具の移動速度と発生後の硬直。

八宝つり銭倍返し

硬直は長いもののスピードのある飛び道具。軌道が高いのでジャンプで避けられにくい。連続技や近距離で出すとヒットしても反撃を受けてしまう。遠距離からの砲台専門。また、チャイルドチェンジを伴うので乱発は難しい。チャイルドチェンジのタイミングは、ADL化した際の乱数値によって、チャイルドに戻るつり銭返しの数が決められている模様。詳細はまだ不明。

八宝つり銭

出が遅いので、遠距離から気軽に打てないのがたまにキズ。上下に攻撃判定が広く、出しきってしまえばジャンプで回避することは難しい。

基本戦術

中距離でつり銭返しを相手に上手く意識させての差し合いがメインとなる。1発放って牽制したいところだが、一度でチャイルドに戻ってしまう可能性もあるので大切に使いたい。逆に相手からしてみれば、チャイルドチェンジを待っている場合が多い。ジリジリと近づいて、ヒールソバットや下強K等で牽制を。ジャンプ防止の弱Kも頻繁に使い、隙があればこちらから飛びこむのもいい。

遠距離戦術

 相手から反撃を受けない状況(突進技が無い、突進技が出せない状況など)であれば1発つり銭を打って樣子を伺い、相手のジャンプにヒールソバットを狙う事も可能。つり銭返しが空中ヒットした後は、気合貯めが確定。威力の高い倍返しを当てるチャンスが生まれてくる。タイムがまだ早い(開始直後やお互いのHPに余裕がある場合)時等は、じっくりと間合いを詰めて。つり銭返しを意識させつつ、各種牽制技で攻撃していきたい。

中距離戦術

 アダルトにおける最も重要な間合い。つり銭返しをいかにして当てるか。つり銭返しをいかにして相手に意識させていくかが非常に重要となってくる。 ジャンプ軌道が緩い相手ならば、相手の飛び道具や牽制に気をつけつつ、この間合いでヒールソバットで待つのが有効。ヒールソバットは基本的にジャンプ防 止&対空で狙うわけだが、なるべく先端でガードさせるようにして反撃を防ごう。アダルトの最大の弱点はリーチが短い上に、硬直が長いこと。相手との間合い調節は常に意識しておきたい。

近距離戦術

 下強Kからアダルトチェンジした場合は、出の速い下弱Kでチクチク当てたり、下強Kで再度ダウンを狙うか後ろジャンプで逃げるのが無難。相手が先に動ける以上、無闇に攻撃を続けるのは得策ではない。
 中距離から近づいてきた時は、 リーチの長い下弱Kとダウンの奪える下強Kを主軸に攻撃を行いつつ、ジャンプ攻撃の隙を伺おう。ジャンプ攻撃はリーチの長い強Kで。ジャンプ攻撃が無理ならば、再度中距離まで退いてまた再び攻め込む方が良い。
 近距離で信頼できる連携がないので、一度連続技のチャンスを逃した場合は大人しく引き下がろう。先にも述べたとおり、硬直が長い通常技が多く、密着でガードされる事は絶対に避けたいからである。下手に接近戦をするよりは、中距離でつり銭連発でチャイルドチェンジした方がまだマシである。

気合溜めが狙える打撃

ヒールソバット空中ヒット、五円(五十円)殺空中ヒット、つり銭返し空中ヒットが狙える。チャイルドチェンジを防ぐ戦いであれば、気合溜めを念頭にして立ち回りたい。

つり銭返しの謎

アダルトチェンジを行うタイミングによって特定の乱数値が与えられ、その乱数値に基づいた数値がチャイルドチェンジが発生するつり銭の回数と紐付いている模様。乱数値は判明したが、まだ詳細はわかっていない。

連続技


ジャンプ攻撃→強Por下強P→八宝5円殺or八宝つり銭返し
平均ダメージ:30~35  平均気絶値:6~8

ジャンプ攻撃をかなり引き付けないと、強Pが届かないうえにいずれの必殺技も硬直が長く、画面端では確実に反撃確定。中央付近でも発生の早い技で反撃を受けてしまう。フィニッシュ専用と考えよう。


(気合)近弱P→遠弱Por八宝五円殺
平均ダメージ:30  平均気絶値:10

気合時のヒットバックの長さを利用した連携。一応繋がるということで。

キャラクター性能評価

つり銭返しは強力だが、それ以外の攻撃が使えない物が多い。評価としてはチャイルドの方が強いので、ぶっちゃけアダルトチェンジする必要は皆無。
チャイルドチェンジのタイミング管理と硬直が評価を下げた結果に。